FC2ブログ

BTOショップFRONTIERのレビュー

新調したパソコンは2019年12月にFRONTIERというBTOショップで購入しました。2か月ほど使ってみてどうなのか、お勧めできるショップなのかなど記事にしてみます。

数あるBTOショップからFRONTIERを選んだのは、なんといっても価格です。とにかく安かったです。期間限定のセール品が安いのですが、期間限定と言いながら、その期間が終わると次のセールが始まるので、実質のところ常時セール価格で売っているようなものです。
ラインナップや価格はセール毎に代わります。リンクを貼っておくので、希望に合うものがあるかチェックしてみて下さい。
FRONTIER期間限定セール
セールページの参考


スペックが一致するようにAmazonやパーツショップで最安値のパーツを揃えて自作したと仮定して計算したのですが、OS無しのパーツの合計金額よりもOS入りの完成品の方が安いのには驚きました。組み立て工賃とかどうなってるのでしょうね。
PC買い換えにあたって調べ始めるまで聞いたことない名前でしたし、怪しい会社では?疑ったりもしたのですが、調べてみるとヤマダ電機グループのようなので、安心材料にはなりました。

良いところばかり書いても参考にならないと思うので、気になったところも書いておきます。
まず、ケースがダサい。もとい、地味な定番中の定番な外観。内部も裏配線がしずらい構造になっているため、お世辞にも綺麗に配線されているとは言えません。これは、電源にも原因があって、すべてのケーブルが直付けされているタイプで、使わないケーブルが、DVDドライブなどを設置する5インチベイのところに束ねて突っ込んでありました。
600W BRONZE のものから850W GOLD にアップグレードしたのに、こんななんだ…と少しがっかりするポイントでしたね。500W以下の安い電源はケーブル直付けが多い印象ですが、850WのGoldって、ハイエンド向けで必要なケーブルだけソケットに繋げるタイプが多い印象だったんですけどね。
スペック表に現れるもの以外は極力値段を抑えている印象を受けました。マザーボードもショップによっては同じ一世代前のものでもX470の高価なものを使っている所もあるなか、B450の廉価なものを使っています。とは言え、使われていたAsrockのB450 pro4はM.2のスロットが2つ搭載されていたり、安い中でも良いものを使っているのは評価すべきかも。

ということで、外観やパーツのメーカーなどに拘りがある方には向かない気がします。増設をしたい人も注意が必要、古いPCからDVDドライブを移植したのですが、ケーブルのせいで結構面倒でした。
LEDでピカピカさせたりカッコ良いゲーミングPCにしたい人は、割高にはなると思いますが、好みのパーツを揃えて自作した方が満足感は得られると思います。

外観は気にしない。安くてスペック通りの性能で安定して使えれば良いという方には自信をもってお勧めできます。
注文して1週間以内に受け取れましたし、2か月ほど使っていますが、初期不良もなく、安定して動いておりますし、いくつかのベンチマークもしましたが、期待通りのスコアが得られました。
もし故障した場合は記事にしますね。

安いパーツを使っていることが悪いことのように書いてしまいましたが、パソコンのパーツって、ハイエンドであるほど、高級で機能が多いものほど不具合が多く、廉価版で流通が多いものほど不具合が少なく安定して動くという傾向もあるらしいので、余分な機能をつけず安いパーツで揃えているというのも悪いことだけでも無いようです。BTOショップごとの初期不良や修理依頼の確率を調査したところ、FRONTIERの商品は相当低いという記事を見かけたことも購入を決めた要因の1つになりました。

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

気になるモノ

Ryzen Threadripper 3990X
Ryzen Threadripper 3990X
OSさえ想定していなかった?
64コア128スレッドの超絶CPU

ランキング

最新コメント

QRコード

QRコード